忍者ブログ
まぁ、人間飽きると何事も最初よりは頻度が落ちるものですよ。
<< 2017 / 12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

例によってタイトルと内容には何の関係もありません。

毎週日曜日と水曜日は更新すると発言してしまった以上、何もしないわけにはいかないので、今こうしているわけですが、ぶっちゃけ書くことがありません。
いやぁ早いなー、秘密兵器の登場。ふっ、皆これを見て腰を抜かすんじゃねぇぞ?とんでもない破壊力をもっているからな、逃げ出すなら今のうちだぜ?
・・・これを載せたら、しばらくの間逃げますw

つーわけで、受験が終わってめちゃくちゃ暇していたときに書いた、SSです。


「今日の俺は何でも話してやれる。そんな気がするんだ。」
そう、目の前の男は切り出した。
「そう、じゃあ教えて。あなたいままで何人の人と付き合ったの?」
そう、横の女は切り返した。
「・・・そいつぁわかんねぇなぁ。それこそ、星の数ほどい――」
「そんなせりふを聞きたいんじゃないのよ、私は。ねぇ、いったでしょ、何でも話してやれるって。」
目の前の男はこちらがいやになるほど明らかな舌打ちをつき、そして大きなため息をついて言った。
「はぁー、ったく、しょうがねぇなぁ、やっぱお前と話すときは言葉に気をつけねぇとな。・・・一人もいねぇよ、一人も。」
その声は明らかな敗者の声で、そして明らかに何かを求める声だった。
横の女は満足そうな声で、そしてその何かを与えようと答えた。
「あら、その男前で、誰とも付き合ったことがない?そんなわけないでしょう。本当のことを話してごらんなさいよ?」
目の前の男はやはり敗者の声で、けれどそれは喜びに満ちた声で、横の女に答えた。
「俺が付き合ったことがある人は一人もいねぇよ、一人も・・・俺の目の前にいるやつを除いてな。」
目の前の男は顔を真っ赤にして、そして横の女はにこやかに、私のことを見つめていた。
私は・・・たぶん目の前の男と同じ、真っ赤だったのだろう。
それでも二人は私のことを見つめ続けた。私が話さなければ、この沈黙を打ち消さなければ、話が始まらないのだから。
「私は・・・私も、付き合ったことがある人は一人もいません。目の前の、あなた以外。」
震える声で、それはもう言葉といえるのかもわからないような声で、けれどそれは目の前の人には確かに届いてて。
次の瞬間、彼は私に、真っ赤な顔で微笑んだ。
「俺は一生誰とも付き合わない。目の前の、今俺の目の前にいる、君を除いて。」

これは予定調和。後一歩を踏み出すことのできない2人のために用意された予定調和。

今思えば、何がしたくてこんなものを書いたのかもわかりませんが、まぁ弾がなかったんで、こんなしょうもないものですが、撃ち込んでおきました。
PR
Add a comment:
name
title
e-mail
URL
color
comment
pass
Comment:

無題
ふんぎゃ
げんごろう 2007/05/29(Tue) 00:02 edit res

Trackback:
Trackback URL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[09/11 sunday]
[09/11 Boncra]
[06/30 monday]
[06/28 monday]
[04/22 通りすがり1]
最新TB
プロフィール
HN:
参泥
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

忍者ブログ [PR]